キミユメバナー

laplacian『キミトユメミシ』応援中!

2016年1月8日金曜日

今更のメンバー紹介

緒乃です!

すごく今更なんですが、

お前ら誰だよって感じですよね。

Laplacianって、何者やねんと。

周りの方々にもたくさん言われました。

新参者で顔が見えなさすぎて不気味と。

更に最近では、慣れないTwitterを始めて、

巷ではエゴサーチと呼ばれる行為をしつこいほど行うという、

極めて自意識過剰な運営をしているので、

もしかしたら不気味さがどんどん増しているのかもしれないと。

せっかくブログも作ったので、役割紹介から一歩進んだチーム紹介をしたいと思います。


緒乃ワサビ

シナリオです。雑用です。早漏です。

雑用の中にはWebサイトのコーディングも入ってたりします。

基本的にLaplacianのWeb周りは、後述の上都がデザインを切って、

緒乃がちまちまと手作りコーディングしています。

ポニーテールをほどく瞬間と、メガネを外す瞬間と、

カチューシャが大好きです。

あとは昔のエライ人はイチモツが左に曲がってたと漫画で読んでから、右利き左打者。

東京の西の方から秋葉原まで40分くらいかけて自転車通勤しています。

パクチーがスゴく好きです。


上都河希

デザインワークと雑用です。

Laplacianのロゴやキミトユメミシのタイトルロゴ、

本編のUIデザインに、

Webサイトのデザインに名刺のデザイン、チラシレイアウトとか、全部上都がやってます。

雑用の中にはグラフィックの制作進行も入っています。

なんか背景のラフとかも描いてます。

いつも一番忙しそうです。

緒乃とは高校の同級生の腐れ縁。一緒に住んでいた期間もありました。

変なTシャツをいっぱい持っていて、お酒に詳しいです。

チームの中でダントツに視力が低く、銭湯の中でもサウナの中でもメガネかけてます。

右利き右打者です。

霜降

原画担当で、最年少のピュアな童貞です。

身長187センチで、ダントツに背が高い。

緒乃が出会った時はまだ学生さんでした。

当時イラスト受託制作業をしていた緒乃と上都の所に友達と一緒に来てくれて、

その友達は気合いの入ったカラーイラストのポートフォリオを、

霜降は、過去のイベントに製本が間に合わずに出した
トーンナシ・ベタナシの両面白黒コピーの4コマ漫画を、

それぞれ見せてくれたので、霜降の第一印象は、

これもしかしてダメな子?

だったのですが、

なんかノリがいい感じだったので小さな仕事をたくさん頼んでくうちに、

メキメキと、着実に腕を上げて一緒にブランドデビュー作を作る運びになりました。

人生ってわからないものですね。

本当にあの時「キミはダメな子だね」って言わなくてよかった……。


ひらおよぎ

制作のど真ん中からは少し離れたところでチームを支えてくれているメンバーです。

チーム最年長です。

劇団を主宰したり、ものすっごく麻雀が強い人に弟子入りしたり、舞台・Vシネマの脚本を書いたりと、いろんな活動を経て何故かLaplacianに合流。

キミトユメミシでは、企画会議とプロット会議に参加して、物語の流れがおもろいか否かをチェックしています。

世界で何か事件が起こると、すぐに新しい都市伝説を作ります。

理牌がスゴく早い。

プーチン

Laplacianのマスコット的亀。

ミシシッピニオイガメという品種で、

その名の通り、身の危険を感じると悪臭を出すらしい。スカンクみたいに。

今の所は悪臭放出したことはない。

やってきたときは直径4センチくらいの、ちっこくてカワイイやつでしたが、

今では体感5倍くらいに成長。

水替え中に脱走するわ、甲羅を洗ってると噛みつくわでもう大変です。

ちゃんと世話をすれば30〜50年生きるらしい。

雄か雌か不明。

どうでもいいけど、亀のチ○コって、すっげーでかいらしい。


なんかこの紹介を経て逆に不気味さが増した気がしなくもないですが、
そんなメンバーで鋭意開発中のキミトユメミシ。

本編制作はもちろん、

今月末あたりには、それなりに大きなお知らせを断続的に行っていけるように、

色々と一生懸命仕込んでおります。



便りがないのは元気な証拠と、

今しばらく、キミトユメミシを頭の片隅において頂きながらお待ち下さいませ!


緒乃
























0 件のコメント:

コメントを投稿