未来ラジオバナー

laplacian『未来ラジオと人工鳩』応援中!

2018年4月24日火曜日

新企画『E-Gene』について

緒乃です。

どうも、お騒がせしております。

さて、先ほど新企画『E-Gene』が発表となりました

リンク先、英語です。

E-Gene』はイージーン、と読みます。

世界中の偉人が、遺伝子技術によって、

次から次へとケモ耳女体化姿で蘇り、

壮絶な犬猫論争を繰り広げるという

気軽さMAXの企画です。







コチラはコンセプトロゴ。




このキャラクターは第1弾で登場する織田のぶにゃが

あざとい。

発売時から英語・日本語両対応となる予定です。

この企画はことの発端からして、いつものLaplacianの作品と性質が違うので
ここで簡単に経緯をご説明しておきたいと思います。

ともすれば

そんなんいいからさっさと3作目作れや

という怒号が飛んで来そうな状況でありますので。

誤解なきように、現在のLaplacian内部は
99.9%未来ラジオと人工鳩関連の業務で忙殺
されています。

笑えないほどに。

コラムの連載がピタリと止まってることから
「あっ……」
と察している方々もいらっしゃることでしょう。

アハハ。

残りの0.1%はというと、

こういうブログを書いたり、
ニューリンの多言語対応のライセンス管理をしたりですね。

さて、『E-Gene』は、Laplacian単独の企画ではなく、

MikandiJapanというチームとパートナーシップを結んで制作を進める予定となっております。

MikandiJapanさんは、日本のいわゆるオタクコンテンツを英語圏に発信している、クラウドファンディング&出版チームです。

出会いのきっかけはニューリンの英語版。

キックスターターの企画管理、プロモーション等で
ニューリンのファンドサクセスを支えてくれました。

そして、ニューリンの翻訳作業という実務が走り出して色々と落ち着いたある日。

Laplacian企画・制作の新しいナニカを一緒にヤリたい

とお声がけ頂き、

ナニカとは?

と聞くと、

ケモ耳のナニカ!

と回答がありました。

詳細を聞くと、

プレイ時間の規模は短めで、

単価も抑えめのゲームを、

Steamで販売したい、

とのこと。

ピンときました。

それってアレでしょ。

NEK○PARAでしょ?

あなたが欲しいのは金のNEK○PARAですか?

それとも銀のNEK○PARAですか?

っていうかNEK○PARAでしょ?

と、泉の女神も途中でさじを投げるくらい明確にイメージが湧きました。

このタイミングで日本のメーカーがケモ耳企画をsteamに流したら
二匹目のドジョウを狙っているのは誰の目にも明らか。

じゃあもういっそ

恥も外聞もなくFG○も混ぜちゃいましょうYO!

ケモ耳の偉人をバンバン蘇らせて聖杯戦争させちゃいましょうよHAHAHA!!!


偉人遺伝子蘇るから、タイトル

『E-Gene(イージーン)』でいいでしょ

HAHAHAHA!!!

と、最初はどこの飲みの席だよ、みたいな、

そよ風でも高く舞い上がるほどの軽さで考えていたのですが、

思いがけずこの『E-Gene』というタイトルが気に入ってしまい
じゃあ蘇らせるなら誰だ?

ニャポレオンか?

クレオパトニャか……?

いや、せっかく日本だからのぶにゃがか……!?

安土桃山時代、のぶにゃがは犬派の武将に囲まれながらも、
破竹の勢いで猫派を増やしていったんじゃないか……?

だからこそ今、猫優勢の世の中になってるんじゃないか?

そして結局、犬派に寝返った明智光秀に討たれて、

「君主を裏切っておきながらなにが犬派だ、笑わせるニャ!!!」

「平気で主人にそっぽむくお前が1番猫だわ!! あー超猫だわ!

とかいいながら、イッパツ敦盛舞って死んでったんじゃないのか……?



っていうかそうなるともう、

アメリカの共和党と民主党も、結局は犬猫で争ってるのでは?

と、自分の中で謎の拡がりを見せて、

チョイチョイチョイと企画書にまとめてMikandiJapanさんに出してみたところ

まさかのGOサインが出たわけであります。

いやぁ、いいですね。アメリケンムード!

というわけで、あれよあれよと企画が動き出す運びに相成りました。

今作では役割分担として、Laplacianは中身の制作に徹します。

面白いコト考えてクレたら、お金集めと海外プロモーションはコチラでヤリマース!

みたいにアライアンスを組んだ形で、我々としては得意分野に集中できて嬉しい限りです。

さてその具体的な方法ですが、

まずはこのタイトルのデモバージョン(いわゆる体験版)を作るために

毎月マニーGive it to meしてくれるパトロンを募り(英語圏にはそういうWebサービスがあるらしい)

そのデモバージョンをもってしてクラウドファンディング。

晴れてサクセスすれば製品版作成、Steamで配信。

パッケージ版は、作るとしてもファンディングに協力してくれた方用に製造することになるんだと思います。

というわけで、企画発表はしたものの、

今の時点では超えるべき資金的ハードルが2つある状態です。

ノリと勢いで出したものの、この企画にどこまでのポテンシャルがあるかは
実際に市場に投げてみて観測しようぜBaby、ということなのでしょう。

こういう座組なので、必然的に進捗情報は英語のものが多くなりますが、
僕が書くシナリオは当然日本語ですし、
音声収録も国内で日本の声優さんをキャスティングして行います。

発端からしてアメリケーンな勢いを感じさせてくれるこの企画ですが、
日本の皆さんもよろしければ、是非Check it outてみてください。

進捗情報は随時、MikandiJapanさんの方から更新されていくと思います。

ところで、Laplacianは現在、コアメンツ4人のチーム編成です。

当然のように、制作ラインはハイパー直列体制ですので、
1本終わらないと、次の1本が始められません。

ハイパー直列体制なので、1本延期すると、その後ろの全てのタイトルに影響が出るわけですね。

HAHAHA。

その辺は今のLaplacianの完全なる弱点な訳ですが、だからこそ、
Laplacianとしては下手な鉄砲を数打つ気はないといいますか。

ひっそりと理念として掲げている通り、

Laplacianが手がける意味のある作品しかやらん

という部分は守った上での企画な訳です。
(最初の足がかりはFG○+NEK○PARAという、
 ダメなプロデューサーが作る企画書のお手本みたいなものだったが)
 
そこに関しては「サイエンス+偉人女体化」というイメージを英語圏にも広げてくれた
ニューリンというタイトルの働きっぷりがあってこそのものです。

E-Gene』は、1話完結のシリーズ物で、各タイトルで少しずつ、
物語の縦糸も進んでいきます。

この縦糸の部分にこそ、Laplacian的シナリオギミックを搭載しておきたいなと思っております。

個人的に、今回MikandiJapanさんから頂いた提案内容は、

キミタチ、オモローだから得意分野に集中できるように組もうYO!

と、大変Laplacianに対するリスペクトを感じるものであり、

マジ卍、メリケンのクリエイターリスペクト文化マジパネェ、

の極地でありました。



でもそろそろメンバーを増やした方がいいんだろうなと日々痛感しています。

はー、マジ卍

緒乃

0 件のコメント:

コメントを投稿